WordPress

WordPress タクソノミーのターム一覧を表示する方法

WordPress タクソノミーのターム一覧を表示する方法

WordPress のタクソノミーのターム一覧を表示する方法を紹介します。
例えば、タクソノミーアーカイブページでタームの一覧を表示したい場合に便利な方法です。

  1. タームタイトルの一覧を表示する方法
    1. 空のタームを表示する方法
    2. リンク付き一覧を表示する方法
  2. ターム一覧を任意の並び順にする

タームタイトルの一覧を表示する方法

タームタイトルの一覧を表示する方法を紹介します。
タイトルの一覧表示には関数 get_terms を使用します。
次のコードは、タクソノミーのスラッグ products-category の場合に、リンクなしのタームタイトルの一覧を表示します。

<?php
$terms = get_terms('products-category');
foreach ( $terms as $term ) {
echo esc_html($term->name); // タームタイトル
}
?>

空のタームを表示する方法

通常は空のタームは表示されないで、空のタームを表示したい場合はパラメーターをいじります。
空のタームを表示するときは hide_empty=0 を指定します。

<?php
$terms = get_terms('products-category','hide_empty=0');
foreach ( $terms as $term ) {
echo esc_html($term->name); // タームタイトル
}
?>

リンク付き一覧を表示する方法

リンク付きの一覧を表示する場合は次のコードを追加します。

<?php
$terms = get_terms('products-category');
foreach ( $terms as $term ) {
echo '<a href="'.get_term_link($term).'">'.$term->name.'</a>';
}
?>

ターム一覧を任意の並び順にする

タームを任意の並び順にする方法を紹介します。
例えば、プラグイン PS Taxonomy Expander を使用している場合、orderby=order を追加することでプラグインを使用して並び替えた順番で表示することができます。


<?php
$terms = get_terms('information-category','orderby=order');
foreach ( $terms as $term ) {
echo esc_html($term->name); // ターム名
}
?>

プラグインを有効化して orderby=order を追加するのが面倒くさい場合は Intuitive Custom Post Order がおすすめです。

まとめ

WordPress のタクソノミーのターム一覧を表示する方法を紹介しました。
そのほかの取得や表示方法をWordPress ターム情報の取得と表示方法で紹介しています、合わせてご覧ください。

WordPress ターム情報の取得と表示方法

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事