WordPress

WordPress 日付を表示するための日付関数で使う引数を紹介

WordPress 日付を表示するための日付関数で使う引数を紹介します。

  1. 日付の表示方法
    1. 曜日
    2. 時刻
    3. 全ての日付/時刻

日付の表示方法

まずはじめに WordPress で投稿の日付を表示するための方法を紹介します。
WordPress はテンプレートタグ the_date()the_time() などを使うことで日付を表示することができます。
次のコードは、ループ内で投稿の日付を表示する方法です。

<?php the_date(); ?>

日付の表示は、管理画面の一般設定、日付のフォーマットに記載している内容を表示します。
サイトデザインに合わせて日付の表示をカスタマイズする場合、引数を使用することでカスタマイズが可能です。
例えば、20xx年x月x日x曜日と表示したい場合は、引数の指定を Y年n月j日l と指定します。

<?php the_date("Y年n月j日 l"); ?>

表示をカスタマイズするために使える引数は次の通りです。

年の引数の指定は以下の通りです。

Y
4桁の数字。
1999 または 2003
y
2桁の数字。
99 または 03

月の引数の指定は以下の通りです。

m
数字。先頭にゼロをつける。
01 から 12
n
数字。先頭にゼロをつけない。
1 から 12
F
フルスペルの文字。
January から December
M
3文字形式。
Jan から Dec

日にちの引数の指定は以下の通りです。

d
日、先頭にゼロをつける。
01 から 31
j
日、先頭にゼロをつけない。
1 から 31
S
英語形式の序数を表す2文字のサフィックス。jと一緒に使用できる。
1stや 2nd , 3rd , 15thなどに含まれる、st, nd, rd または th。

曜日

曜日の引数の指定は以下の通りです。

l
フルスペル形式。(小文字の ‘L’)
Sunday から Saturday
D
3文字のテキスト形式。
Mon から Sun

時刻

時刻の引数の指定は以下の通りです。

a
午前または午後(小文字)
am または pm
A
午前または午後(大文字)
AM または PM
g
時。12時間単位。先頭にゼロを付けない。
1 から 12
h
時。12時間単位。先頭にゼロをつける。
01 から 12
G
時。24時間単位。先頭にゼロを付けない。
0 から 23
H
時。24時間単位。先頭にゼロをつける。
00 から 23
i
分。先頭にゼロをつける。
00 から 59
s
秒。先頭にゼロをつける。
00 から 59
T
タイムゾーンの略称
EST, MDT …

全ての日付/時刻

全ての日付/時刻の引数の指定は以下の通りです。

c
ISO 8601 2004-02-12T15:19:21+00:00
r
RFC 2822 Thu, 21 Dec 2000 16:01:07 +0200

まとめ

WordPress 日付を表示するための日付関数で使う引数を紹介しました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事