WordPress 予約投稿が正しく動作しない時の対処方法を紹介

Last update 
/ Posted by Takumi Hirashima

WordPress で予約投稿が正しく動作しないで失敗する時の対処方法を紹介します。

予約投稿のしくみについて

WordPress の予約投稿は、WordPress が自身へのアクセスをトリガーにして実行されます。WordPress のコアファイルの一つ wp-cron.php で、擬似的に cron のような自動実行をしています。よくある失敗例としてベーシック認証があります。WordPress にベーシック認証を導入した場合に、WordPress 自身が wp-cron.php の認証を行えないため、予約投稿が失敗してしまいます。この場合は、WordPress が設置してある IP アドレスに対しては、ベーシック認証を無効にするなどの対応が必要になってきます。

タイムゾーン

WordPress はサイトを運用している地域の「タイムゾーン」を設定することができます。
この設定が該当する地域と合っていない場合に、予約投稿を指定した時間がずれたり、正しく表示されない場合が有ります。

まずは管理画面のメニューから 設定 > 一般 を選択。
ユーザーの対象を日本国内にするならば、ページ中程にあるタイムゾーンを東京に設定しましょう。

キャッシュ系プラグイン

WP Super Cache や W3 Total Cache などのキャッシュ系プラグインが原因で、予約投稿が正しく機能しない、もしくは設定した時間から公開がずれて公開されてしまう場合があります。この場合は、キャッシュの間隔を調整するか、プラグインを無効にして動作確認を行ってみましょう。

WordPress のアップグレード

まれですが、WordPress のバージョンによっては正しく動作しない場合もあるようです。
アップデートが可能であれば実行してみるのも一つの手ですが、一部のプラグインがバージョンアップに対応していない場合もあるため、データのバックアップなどを行った上で、自己責任で実行してください。

Basic認証

Basic認証によるアクセス制限があると正しく動作しない場合があります。WordPress の動作するサーバーのIPを認証不要にするか、Basic認証を無効にしましょう。

まとめ

WordPress で予約投稿が正しく動作しないで失敗する時の対処方法を紹介しました。

スポンサーリンク