WordPress プラグイン JETPACK のパブリサイズ機能のカスタマイズ方法

WordPress のプラグイン JETPACK のパブリサイズ機能のカスタマイズ方法を紹介します。

  1. カスタム投稿タイプに対応させる
  2. jetpackが出力するOGPを非表示
  3. 公表オプションの自動選択をオフにする
  4. 新規投稿画面から公表オプションを非表示にする
  5. まとめ

カスタム投稿タイプに対応させる

パブリサイズはカスタム投稿に対応していないため、functions.phpに以下を追加して、カスタム投稿でもパブリサイズを使えるようにします。
次のコードは、カスタム投稿タイプ blog を追加する方法です。


/*【出力カスタマイズ】jetpackカスタマイズ:パブリサイズ共有をカスタム投稿タイプに適用 */
add_action('init', 'my_custom_init');
function my_custom_init() {
add_post_type_support( 'blog', 'publicize' );
}

4行目の add_post_type_support( 'blog', 'publicize' ); の blog 部分をカスタム投稿のスラッグに変更してください。
カスタム投稿を複数指定する場合は add_post_type_support を複数 追加します。
次のコードは、カスタム投稿タイプ blog と news を追加する方法です。


/*【出力カスタマイズ】jetpackカスタマイズ:パブリサイズ共有をカスタム投稿タイプに適用 */
add_action('init', 'my_custom_init');
function my_custom_init() {
add_post_type_support( 'blog', 'publicize' );
add_post_type_support( 'news', 'publicize' );
}

jetpack が出力する OGP を非表示

jetpack は OGP を自動で追加してくれますが、自前でOGPの出力をしている場合には邪魔になります。
jetpack が作成する OGP を非表示にしたい場合は、functions.php に次のコードを追加します。


/*【出力カスタマイズ】jetpackカスタマイズ:jetpackが出力するOGPを非表示 */
add_filter( 'jetpack_enable_open_graph', '__return_false' );

公表オプションの自動選択をオフにする

新規投稿画面を開いた場合は公表オプションが自動選択された状態になります。
自動選択をオフにしたい場合は functions.php に次のコードを追加します。


/*【出力カスタマイズ】jetpackカスタマイズ:デフォルトのチェックを外す */
add_filter( 'publicize_checkbox_default', '__return_false' );

新規投稿画面から公表オプションを非表示にする

新規投稿画面から公表オプションを非表示にする場合は functions.php に次のコードを追加します。


/*【出力カスタマイズ】jetpackカスタマイズ:新規投稿画面から公表オプションを非表示にする */
add_action( 'admin_head-post-new.php', function() {
global $publicize_ui;
remove_action( 'post_submitbox_misc_actions', array( $publicize_ui, 'post_page_metabox' ) );
} );

まとめ

WordPress のプラグイン JETPACK のパブリサイズ機能のカスタマイズ方法を紹介しました。
公表オプションの自動選択は便利ですが、誤送信の原因にもなるため、気になる人は自動選択をオフにしましょう。

スポンサーリンク

私が続けて読みたい関連記事