WordPress 最新記事一覧を表示する方法

WordPress 最新記事一覧を表示する方法

WordPress で最新記事一覧を表示する方法を紹介します。
例えば、サイトのトップページやサイドバーに、最新の記事一覧を表示したい場合に便利な方法です。

最新記事を表示するには?

WordPress で投稿を取得する場合 WP_Query または get_posts を使うのが一般的です。
この投稿では主に get_posts を使った最新記事の取得方法を紹介しますが、
複数の記事一覧を作成する場合には、get_posts よりも WP_Query を使う方が柔軟に対応できます。WP_Query を使った表示方法は姉妹記事のWordPress 基本的なループの表示方法を参照してください。

最新の投稿5件を表示

まずは、最新の投稿5件をリンク付きのタイトルで表示する方法を紹介します。
次のコードを最新記事一覧を表示させたいテンプレートに追加してください。

<ul>
<?php
$args = array(
'posts_per_page' => 5 // 表示件数の指定
);
$posts = get_posts( $args );
foreach ( $posts as $post ): // ループの開始
setup_postdata( $post ); // 記事データの取得
?>
<li>
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a>
</li>
<?php
endforeach; // ループの終了
wp_reset_postdata(); // 直前のクエリを復元する
?>
</ul>

ループ(最新記事一覧)の後に foreach 実行前の記事が必要な場合は、wp_reset_postdata を追加することで直前の記事を復元することができます。

表示件数を変更したい

表示件数を調整したい場合は posts_per_page を編集します。
例えば、最新記事を3件表示したい場合は、 posts_per_page の指定を3に変更します。

カテゴリでソートしたい

カテゴリーでソートしたい場合 category を使います。
ソートしたいカテゴリーのIDを category に指定します。
カテゴリーのIDを調べるには、管理画面でカテゴリーの詳細ページの URL を確認、表示されている URL に ID の指定を見つけることができます。

$args = array(
'posts_per_page' => 5, // 表示件数の指定
'category' => 1 // カテゴリーID 1 のカテゴリーを指定
);

まとめ

WordPress で最新記事一覧を表示する方法を紹介しました。
「カスタム投稿タイプで表示したい」「タクソノミーでソートしたい」「アイキャッチ画像を表示したい」などなど、細かくカスタマイズしたい場合は WP_Query を使った表示方法がおすすめです。
WP_Query を使った表示方法は姉妹記事のWordPress 基本的なループの表示方法を紹介で詳しく紹介していますので、こちらを参照してください。

WordPress メインループとサブループの表示方法を紹介

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事