WordPress ページの属性で非公開ページを親に選択する方法

Posted by Takumi Hirashima WordPress投稿親子関係管理画面小技

WordPress のページの属性で非公開ページを親に選択する方法を紹介します。
例えば、通常は公開するまで選択できな非公開の投稿を親ページに選択したいときに便利な方法です。

非公開を親ページとして選択

投稿一覧の「クイック編集」と投稿編集画面の「ページの属性」に非公開や下書きを追加するには、次のコードを functions.php に追加します。


/*【管理画面】ページの属性で非公開などを親に選択できるようにする */
add_filter( 'page_attributes_dropdown_pages_args', 'add_dropdown_pages' );
add_filter( 'quick_edit_dropdown_pages_args', 'add_dropdown_pages' );
function add_dropdown_pages( $add_dropdown_pages, $post = NULL ) {
$add_dropdown_pages['post_status'] = array( 'publish', 'future', 'draft', 'pending', 'private', ); // 公開済、予約済、下書き、承認待ち、非公開、を選択
return $add_dropdown_pages;
}

設定できるポストステータスは次の通りです。

・公開済 (publish)
・予約済 (future)
・下書き (draft)
・承認待ち (pending)
・非公開 (private)
・ゴミ箱 (trash)
・自動保存 (auto-draft)
・継承 (inherit)

まとめ

ページの属性で非公開を親に選択できるようにする方法を紹介しました。

スポンサーリンク