WordPress

WordPress タクソノミーのラベル(名前)を取得する方法

WordPress タクソノミーのラベル(名前)を取得する方法

WordPress タクソノミーのラベル(名前)を取得する方法を紹介します。
例えば、タクソノミーアーカイブページでタクソノミーのラベルを表示したい時に便利な方法です。

  1. タクソノミー名(ラベル)を取得する方法
  2. taxonomy.php でタクソノミーのラベルを取得
  3. タクソノミーってタームと違うの?

タクソノミー名(ラベル)を取得する方法

タクソノミー名を取得するには関数の get_query_varget_taxonomy を使用します。
例えば、タクソノミースラッグを指定して、カスタム分類(タクソノミー)の名前(ラベル)を表示したい時は次のコードをテンプレートに追加します。

<?php // タクソノミー名を表示
$taxonomy_slug = get_query_var('taxonomy'); // タクソノミースラッグを取得
$taxonomy_var = get_taxonomy($taxonomy_slug); // タクソノミーの情報を取得
echo $taxonomy_var->label; // タクソノミー名(ラベル)を表示
?>

タクソノミーのラベルが「製品カテゴリー」だった場合、取得した値「製品カテゴリー」を返します。

taxonomy.php でタクソノミーのラベルを取得

タクソノミーページでタクソノミーの情報を取得する場合は get_taxonomy() を使用します。
次のコードは、現在開いているタクソノミーアーカイブページのタクソノミーのラベル(名前)を取得して表示する方法です。

<?php
$labels = get_taxonomy($taxonomy); // タクソノミーの情報を取得
echo $labels->label; // タクソノミーのラベル(名前)を表示
?>

タクソノミーのラベルはタームのラベルとは異なるので注意が必要です。タームのラベル(カテゴリ名)を取得したい場合はWordPress タームの取得と表示方法をご覧ください。

タクソノミーってタームとは違うの?

タクソノミーとタームを混同することで、取得方法を間違えてしまうことがよくあります。
タクソノミーは分類名、タームはその分類名に登録されている個々の名前(カテゴリやタグの個々の名称)のことを差します。
このサイトで言えば、タクソノミーは「カテゴリ」、タームは「WordPress」や「HTML」などです。

まとめ

WordPress でタクソノミー名を取得する方法を紹介しました。
タクソノミーのラベルではなく、ターノ名前やタームの一覧を取得したい場合は、WordPress タームの取得と表示方法 で詳しくご紹介しています。