WordPress

WordPress でよく使う関数を紹介

WordPress でよく使う関数を紹介します。

条件分岐タグ

現在の訪問者がログインしているかチェック

ユーザーがログインしているかどうかを判別します。
本番環境でテストアップしたいときに便利です。

<?php if (is_user_logged_in()): ?>
<?php else: ?>
<?php endif; ?>

ホーム(トップページ)の判別

現在表示しているページがトップページかどうかを判別します。
トップページにだけ読み込みたい何かがある時などに便利です。

<?php if ( is_home() || is_front_page() ) : ?>
<?php else: ?>
<?php endif; ?>

読み込む関数

有効化しているテンプレートディレクトリのURLを取得する

テンプレートディレクトリを取得する関数です。
header でCSSやJSを読み込むときに便利です。

<?php echo get_template_directory_uri(); ?>

テンプレートファイルにショートコードを表示

テンプレートにショートコードを直書きできる関数。
フォームを表示するショートコードをfooter などに表示したいときに便利です。

<?php echo do_shortcode('[ショートコード]'); ?>

テンプレートパーツ (ヘッダー、サイドバー、フッター以外) をテンプレートに読み込む

テンプレート化したテンプレを読み込むための関数です。

<?php get_template_part( 'temp', 'test' ); ?>

この場合 temp-test.php を読み込みます。

月別アーカイブの出力(投稿)

投稿の月別アーカイブを出力する関数です。

<ul>
<?php wp_get_archives( 'type=monthly' ); ?>
</ul>

月別アーカイブの出力(カスタム投稿タイプ)

カスタム投稿タイプの月別アーカイブに、その月の投稿数を表示。

<ul>
<?php $post_type = esc_html(get_post_type_object(get_post_type())->name);
wp_get_archives( 'show_post_count=true&type=monthly&post_type='. $post_type .'' ); ?>
</ul>

まとめ

WordPress でよく使う関数を紹介しました。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事