WordPress

WordPress 現在表示されているページが2ページ目以降どうかを調べる方法

WordPress で現在表示されているページが、分割された2ページ目以降どうかを調べる方法を紹介します。
例えば、SEO 対策の一環でタイトルタグの重複を避けるために、タイトルやディスクリプションに2ページ目と追記したい場合に便利な方法です。

2ページ目かどうかの判別方法

2ページ目かどうかの判別には is_paged() を使用します。


<?php if (is_paged()) :?>
2ページ目以降だよ
<?php else: ?>
それ以外だよ
<?php endif; ?>

タイトルの重複を避けるための方法

2ページ目かどうかを判別してからページ番号を取得するには get_query_var('paged'); を使用します。
header.php の上部に以下の記述を追加してください。


// タイトル
$wptitle = wp_title( '' , false );
$bloginfo_name = get_bloginfo('name');
// キャッチフレーズ(ディスクリプション)を取得
$description = get_bloginfo('description');
if ( is_paged() ) { //2ページ目かどうかの判別
$pagenum = get_query_var('paged'); //ページ番号の取得
$title = $wptitle.' '.$pagenum.'ページ目 | '.$bloginfo_name; //タイトルにページ番号を追加
$description = $description . $pagenum .'ページ目'; //ディスクリプションにページ番号を追加
} else { 2ページ目でなければ
$title = $wptitle.' | '.$bloginfo_name;
}

取得した値は次のコードで表示できます。
表示内容はサイトに合わせて調整してください。


<title><?php echo $title; ?></title>
<meta name="description" content="<?php echo $description; ?>" />

まとめ

WordPress で現在表示されているページが、分割された2ページ目以降どうかを調べる方法を紹介しました。
SEO対策として地味な方法ですが、設定しないよりかは設定したほうがよいと思います。
WordPress で構築する企業サイトであれば積極的に取り入れましょう。

合わせて読みたい関連記事