HTML

CSS で偶数、奇数、最初、最後、n番目を指定する方法

CSS で偶数や奇数、最初や最後、n番目の要素にスタイルを適用させる方法を紹介します。
例えば、リストの偶数や奇数で見た目を変えたい時などに便利な方法です。

  1. 偶数の要素にスタイルを適用
  2. 奇数の要素にスタイルを適用
  3. 最初の要素にスタイルを適用
  4. 最後の要素にスタイルを適用
  5. 前から数えてn番目の要素にスタイルを適用
    1. 前から数えてnの倍数の要素にスタイルを適用
    2. 前から数えてn番目の要素からnの倍数の要素にスタイルを適用

説明に使用するベースの HTML は次の通りです。
ここでは、ul タグに含まれる li タグを対象に説明します。

<ul>
<li>1</li>
<li>2</li>
<li>3</li>
<li>4</li>
<li>5</li>
</ul>

偶数の要素にスタイルを適用

前から数えて偶数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-child(even) を使用します。
例えば、前から数えて偶数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-child(even) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-child(even){
background-color: #333333;
}

後ろから指定する場合は :nth-last-child(even) を使用します。
例えば、後ろから数えて偶数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-last-child(even) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-last-child(even){
background-color: #333333;
}

奇数の要素にスタイルを適用

前から数えて奇数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-child(odd) を使用します。
例えば、前から数えて奇数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-child(odd) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-child(odd){
background-color: #333333;
}

後ろから指定する場合は CSS の疑似クラス :nth-last-child(odd) を使用します。
例えば、後ろから数えて奇数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-last-child(odd) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-last-child(odd){
background-color: #333333;
}

最初の要素にスタイルを適用

最初の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :first-child を使用します。
例えば、最初のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :first-child を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
li:first-child {
background-color: #333333;
}

最後の要素にスタイルを適用

最後の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :last-child を使用します。
例えば、最後のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :last-child を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
li:last-child {
background-color: #333333;
}

前から数えてn番目の要素にスタイルを適用

前から数えてn番目の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-child(3) を使用します。
例えば、前から数えて3番目のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-child(3) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-child(3){
background-color: #333333;
}

後ろから数えてn番目の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-last-child(3) を使用します。
例えば、後ろから数えて3番目のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-last-child(3) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-last-child(3){
background-color: #333333;
}

前から数えてnの倍数の要素にスタイルを適用

前から数えてnの倍数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-child(3n) を使用します。
例えば、3の倍数のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-child(3n) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-child(3n){
background-color: #333333;
}

後ろから数えてnの倍数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-last-child(3n) を使用します。
例えば、3の倍数のリストの背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-last-child(3n) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-last-child(3n){
background-color: #333333;
}

前から数えてn番目の要素からnの倍数の要素にスタイルを適用

前から数えてn番目の要素からnの倍数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-child(3n+2) を使用します。
例えば、前から数えて2番目の要素から3の倍数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-child(3n+2) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-child(3n+2){
background-color: #333333;
}

後ろから数えてn番目の要素からnの倍数の要素にスタイルを適用する場合は CSS の疑似クラス :nth-last-child(3n+2) を使用します。
例えば、後ろから数えて2番目の要素から3の倍数の要素の背景色を変更する場合は、対象のセレクタ(li)に擬似要素 :nth-last-child(3n+2) を追加します。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
li:nth-last-child(3n+2){
background-color: #333333;
}

まとめ

CSS で偶数や奇数、最初や最後、n番目の要素にスタイルを適用させる方法を紹介しました。

この記事をシェアする