YouTube の動画埋め込みで関連動画を非表示にする方法

2018年9月の YouTube の仕様変更により、動画再生後の関連動画の表示・非表示の制御ができなくなりました。
そこで、力技ですが関連動画を表示させない方法を紹介します。

以前の関連動画の制御の仕様

以前は youtube パラメーターに rel=0 を指定することで、
関連動画を非表示にすることができました。
現在は、パラメーターの値によって次の動作をします。
0 の場合、動画をアップしたチャンネル内から関連動画表示。
1 の場合、外部のチャンネルから関連動画を表示。

関連動画を非表示にする方法

パラメーターで ?rel=0 を指定した場合に、
マイチャンネルにアップした画像が関連動画として表示されます。
そこでちょっと強引な方法ですが、
表示している動画以外に動画がアップしないことで関連動画を非表示にすることができます。

まとめ

企業や教育関係の案件では関連動画の有無は気になるところ。
埋め込み動画を使う場合、こういった挙動についてはきちんとクライアントに説明するように心がけましょう。
仕様変更は動画の再生数を増やす目的と思われます。
今後の動向もチェックしつつ柔軟に対応しましょう。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事