WordPress

WordPress プラグイン Public Post Preview 有効期限の編集方法

WordPress プラグイン Public Post Preview の有効期限の編集方法を紹介します。
デフォルト設定の48時間を超えて、有効期限を背定する方法を紹介します。

  1. Public Post Preview とは?
  2. Public Post Preview の有効期限の編集方法

Public Post Preview とは?

Public Post Preview は、外部確認用にテストURLを発行できるプラグインです。
プラグインを有効化するだけで簡単に期限付きテストURLを発行することができます。
※テストURLは投稿が「下書き」時に発行できます。

https://ja.wordpress.org/plugins/public-post-preview/

Public Post Preview の有効期限の編集方法

Public Post Preview の有効期限の編集するには、function.php にコードを追加します。
例えば、有効期限を「48時間」から「7日間」に変更すには、function.php に以下のコードを追加します。

//【プラグインカスタマイズ】Public Post Preview 有効期限変更
add_filter( 'ppp_nonce_life', 'my_nonce_life' );
function my_nonce_life() {
return 60 * 60 * 24 * 7; // 7 days(秒 x 分 x 時 x 日)
}

上記コードの return の最後の値を、任意の値に変更してください。

--省略--
return 60 * 60 * 24 * 7;
--省略--

まとめ

WordPress プラグイン Public Post Preview の有効期限の編集方法を紹介しました。