WordPress

Public Post Preview 有効期限の延長方法

WordPress プラグイン Public Post Preview で作ったテストURLの有効期限の延長方法を紹介します。
例えば、デフォルトの二日間から一週間などに変更したい時に便利な方法です。

  1. テストURLの有効期限の延長方法

テストURLの有効期限の延長方法

プラグイン Public Post Preview を利用すると、管理画面に「外部確認を許可する」ボタンが表示され、外部確認が可能なテストURL(プレビューURL)を発行することができます。

このURLはデフォルトで二日間有効ですが、それ以降を過ぎてしまうと使用できません。そこで、そのURLを延長するためのカスタマイズを行います。延長するためのプラグイン「Public Post Preview Configurator」を導入する方法と、function.php に追記する二つの方法がありますが、ここでは function.php に追記する方法を紹介します。

例えば、有効期限を五日間に変更したい場合、次のコードを function.php に追加します。

add_filter( 'ppp_nonce_life', 'ppp_change_the_period' );
function ppp_change_the_period() {
return 60 * 60 * 24 * 5; // 秒x分x時間x日数:末尾の数字(日数)を変更
}

コード3行目の末尾の数字「5」を任意の日数に変更してご利用ください。

まとめ

WordPress プラグイン Public Post Preview で作ったテストURLの有効期限の延長方法を紹介しました。