WordPress

Advanced Custom Fields の Google Map で API エラーが出た時の対処

Advanced Custom Fields の Google Map で API エラーが出た時の対処方法を紹介します。
例えば、過去に ACF を使って Google Map の表示を実装後、今になって API エラーが出た場合の対処方法です。

API key に紐づく js ファイルの読み込み

まずは、読み込んでいる js ファイルが以下の形式の場合は、取得した API KEY が記述されているものに変更します。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3.exp&sensor=false"></script>

上記の場合は下記のように変更。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=xxxxxxxxxxxxxxxx"></script>

API key は取得したものを使用してください。

js ファイルを削除

API key に紐づく js ファイルを読み込んだ場合は以下の記述が不要になります。
次のファイルを読み込んでいる場合は削除します。

<script src="//maps.google.com/maps/api/js"></script>

function.php にコードを追加

次に、以下のコードを function.php に追加します。

/* 【ACF Google map API】取得した API key を指定 */
function my_acf_google_map_api( $api ){
$api['key'] = 'xxxxxxxxxxxxxxxx’; // API key を指定
return $api;
}
add_filter('acf/fields/google_map/api', 'my_acf_google_map_api’);

プラグインのアップデート

ここまで来て表示がうまくいかない場合は、APIの設定を再確認。
合わせて、プラグインのアップデートがあれば最新版の Advanced Custom Fields にアップデートしましょう。

まとめ

Advanced Custom Fields の Google Map で API エラーが出た時の対処方法を紹介しました。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事